バイオグラフィー

高免 信喜(たかめん のぶき)
ジャズギタリスト/コンポーザー

1977年広島県広島市生まれ。桜美林大学を卒業後、2001年にアメリカに渡り、2004年に活動の拠点をニューヨークに移す。以来、トリオ、ソロギター演奏をベースにグローバルな演奏活動を続ける。

自己のグループでは、Blue Note NY、Blues Alley、Smalls、Iridium Jazz Clubなどに出演し、世界最大級のモントリオール国際ジャズフェスティバル、そしてその他数多くのジャズフェスティバルからも招聘され出演する。ニューヨークを中心とした演奏活動に加え、北米やヨーロッパ(フランス、ハンガリー、クロアチア、セルビア、モンテネグロ、フィンランド)でのツアーも行い、2004年からは毎年日本ツアーも行っている。

これまでにWhat’s New Records、Summit Recordsなどからオリジナル曲を中心とした7枚のリーダーアルバムを発表し、世界各国のメディアから高い評価を得る。特に最新作『The Nobuki Takamen Trio』はオールアバウトジャズ誌で5つ星を獲得し、「これまでに日本が輩出した最高のジャズギタリストであることは間違いないだろう。」と絶賛される。

演奏家としてだけでなく、世界各地のジャズワークショップや学校訪問を行うなど教育面にも力を入れており、ギタリストを対象とした個人レッスン、通信レッスン、YouTubeなどでも積極的に情報を発信している。

Acoustic Image社、Raezer’s Edge社、Eventide社、Sommer Cable、Reunion Blues エンドースメント・アーティスト。

<Quote>
”これまでに日本が輩出した最高のジャズギタリストであることは間違いないだろう。”(5つ星)
– AllAboutJazz誌(アメリカ)

”作曲に対する鋭い感性と注目に値する技術を持った円熟した演奏家だ。”
– Vintage Guitar誌(アメリカ)

”ビ・バップにインスパイアされた独自のスタイルを持った優れた即興演奏家だ。”
– スコット・ヤノウ(ジャズ評論家『The Great Jazz Guitarist』著者)

”ギタリスト高免信喜は、彼のギブソンギターと共に世界中を旅し、その名をジャズ界に響かせている。”
– モントリオール国際ジャズフェスティバル

<ジャズフェスティバル & ジャズクラブ>
モントリオール国際ジャズフェスティバル(カナダ)
ローチェスター国際ジャズフェスティバル(アメリカ)
バンクーバー国際ジャズフェスティバル(カナダ)
DCジャズフェスティバル(アメリカ)
ハートフォード・ジャズフェスティバル(アメリカ)
リバービュー・ジャズフェスティバル(アメリカ)
ジャージーシティー・ジャズフェスティバル(アメリカ)
メディシンハット・ジャズフェスティバル(カナダ)
ジャズYYC・サマージャズフェスティバル (カナダ)
カルガリー・ジャズフェスティバル(カナダ)
レスブリッジ・ブルース&ジャズフェスティバル (カナダ)
ジャズヴェズ(クロアチア)
ニシュヴィル・ジャズフェスティバル(セルビア)
ペトロヴァッツ・ジャズフェスティバル(モンテネグロ)
テクノジャズフェスティバル(日本)

Iridium Jazz Club(ニューヨーク)
Blue Note(ニューヨーク)
Smalls Jazz Club(ニューヨーク)
Bar Next Door(ニューヨーク)
Blues Alley(ワシントンDC)
Esplanade Arts & Heritage Centre(カナダ)
Martha Cohen Theatre(カナダ)
ECU(パリ)
Malmitalo(ヘルシンキ)
iF Cafe (ブタペスト)
Tokyo TUC(東京)

High-Resolution Images
(サムネイルをクリックしてください。)

nobuki

nobuki